• ホーム
  • 稼げないアフィリエイトの特徴と失敗談

稼げないアフィリエイトの特徴と失敗談

稼げるアフィリエイトがある一方で、稼げないアフィリエイトもあります。ここでは、いわゆる稼げないアフィリエイトの手法がどういうものなのか紹介しましょう。

まず、基本的にジャンル間違いを起こしているようなコンテンツの場合、あまり稼げることは期待しない方がいいでしょう。
これはそもそもアフィリエイト広告がほとんどなかったり、まったく趣向がないようなジャンルを選んでしまった場合です。実はこのような場合、サイトにそもそも貼るアフィリエイト広告がないので収益の出しようがありません。

そのほか、あまり得意ではなかったり知識が少ないジャンルのアフィリエイトもジャンル間違いを起こしやすいのです。ユーザーにとって不親切なサイトになり、失敗を引き起こしかねません。

次に、ライティングスキルの低さです。
ライティングは基本的にユーザーに読みやすい・わかりやすいコンテンツを届けるために文章を書く必要があります。とはいえ、文章が上手ではなかったり、必要な時に必要なことがかかれていないなどの問題はかなりユーザーに読みにくい文章だと感じさせます。また、必要な情報がないのでユーザーに欲しいとかわかりやすいという気持ちを持たせる事も出来ないでしょう。

ライティングスキルは同時に文章を一定量作るとか、定期的に更新するという事も求められます。それらにも配慮できるかどうか、という事がアフィリエイトの成功に影響を及ぼすので、適切な文章を定期的に更新できるかどうかも意識しておきましょう。

SEOのやりすぎ、特に自作自演SEOによってサイトの順位を落とす場合もあります。
実はある程度SEOは自作自演が出来ます。サイト内の配慮を行ったり、外部リンクを適切にもらうなどの方法でSEOを行う事は出来るでしょう。ですが、古いバッドテクニックを取り入れてしまったり、自作自演をやりすぎて検索エンジンに悪い影響を及ぼす場合もあり、そのような場合はアクセス数が格段に減ります。
このため、自作自演SEOのやりすぎには注意しなくてはなりません。

そのほかにも、検索エンジン対策だけをしっかり行ってコンテンツがないとか、逆にコンテンツがあまりに範囲が広すぎるなどの失敗もあります。アクセス数を稼いでいても挫折してしまうケースはあります。
稼げないアフィリエイトにならないようにするためにも、まずはどのジャンルにするか、また挫折しないようにどうするかという事を考えてから行うのがいいでしょう。

関連記事