• ホーム
  • 記事は発注してもリライト作業が大切

記事は発注してもリライト作業が大切

アフィリエイトのための記事を外注する事も出来るようになり、記事を作る事が出来るサービスも増えてきました。
とはいえ、この様なサービスを利用する場合でも、必ず提出された文章はリライトして文章の内容をしっかり確定しておきましょう。

これは自分ではライティングが出来ないとか、自分では文章が上手では無いという人のためのサービスです。専属のライターが専門の知識や分野にのっとって、ある程度SEOを意識した文章を作ってくれます。
文章の内容やサービスの指定範囲などはそれぞれ違いますが、基本的に記事のタイトルや必要なキーワードなどはオーダーの際に指定が可能です。また、そういった指定がなくてもこれについて書いてほしいという希望だけでも十分な場合があります。

とはいえ、このようなサイトやサービスで出来上がった文章が必ずしもSEOに有効とか、読者の心をつかむかというとそうでもありません。
また、文章の内容に虚偽の内容やウソの内容があったら適切にリライトする必要があります。中には関連ワードでよりいろいろな内容や文章を盛り込む事も出来るでしょう。関連ワードを増やすことでよりSEOに強い文章になり、良い集客を期待できる文章になるかもしれません。

また、必要な情報の見せ方に工夫をプラスする事も出来るかもしれないのです。
例えばただ文章でするよりも表で見せた方がいい場合や、リスト・箇条書きなどで書いた方がいい場合もあります。会話形式でのコンテンツの場合は誰が話したことにするかを決めたり、イラストや画像を挿入した方がいいタイミングというのもあります。
このような工夫が出来るのも、リライトの時にまとめて行ってしまいましょう。

リライトは何も記事を貰ってすぐにしなくてはならない訳ではありません。
例えば掲載前には誤字脱字程度のざっくりした内容だけのリライトをして掲載し、そのあとに更新をして共起語やキーワードを増やすなどの対策も出来ます。文章を増やしたりタイトルを適切に付け直すなどの方法で、よりSEOに強い記事になるかもしれません。

基本的に必要情報さえあればある程度文章というのは出来てしまうものです。ですが、共起語や必要な情報などあれば読者の心がつかめる文書ぐあできるかというと、そうでもないのも現状です。
必要情報日化していろいろな情報を追加してオーダーし、なおかつ定期的に記事を更新しながら品質を高めていくのが記事の発注での一番の方法といえるでしょう。

関連記事