• ホーム
  • SNSシェアのSEO効果を教えます

SNSシェアのSEO効果を教えます

SNSシェアの際にもSEO効果がある場合もあります。
これはいろいろな効果を期待できるので、ぜひ行いましょう。

まず、Googleの評価です。
検索結果上では、実はある程度SNSでのシェアも評価するという事が知られています。SNSシェアの数や内容がそのままサイトの集客にもつながる傾向があるのです。

もうひとつはSNSシェアによるそのままの集客効果です。
サイトのコンテンツの質が良いとか、サイトのコンテンツの質が一時的にとても集客しやすい物の場合、やはりある程度のSNSシェアによる集客効果は期待できるでしょう。特に人がアカウントを取得し、アカウント運営をしているようなSNSの場合はそのシェア数や内容もより広く伝わりやすく、集客効果も期待できるのです。

当然、SNS内に広告を出して集客をする方法もあります。
とはいえ、SNSによる広告出稿から集客をしたいというのであれば、ターゲットキーワードやターゲット層などを決めて、そこからSNSでの拡散を狙うというのも方法です。

SNSでシェアされることにより、ほかのサイトからのリンクも期待できます。
というのも、SNSでバズった内容や広く知られたコンテンツをまとめるサイトというのもあるのです。そういうサイトに掲載されるとそのままリンクを得ることになり、当然SEO効果が生まれるでしょう。このような因果関係から、SNSで広く知られると検索結果により良い効果をもたらしてもらえる場合もあります。

とはいえ、このようなSNSシェアにはいろいろなデメリットもあるのです。
中には因果関係がよく分からないようなバズり方をしたり、意外な所からバズる場合もあります。その結果として評価が下がる場合もあり、SEOに悪い影響を及ぼす場合もあるでしょう。

この場合、リンクを張る対策としてはrel=”nofollow”を入れるという方法もあります。というのも、これはリンクを貼るけれども検索結果には影響させないというリンクの特殊な文章です。
これを各種SNSリンクやボタンなどに配置しておくと、リンクがあってもSEO評価はされない場合が多いでしょう。これはSEOのテクニックのひとつで、検索時にリンクは渡しても評価はしないというものです。

このため、基本的にリンクの中にrel=”nofollow”を入れておくとSNS内でバズってもあまりSEO的に悪い影響を及ぼす可能性は少なくなるでしょう。ターゲットキーワードなどを適切に選定しているのならば、そういうリンクの調整の方法も知っておく必要があるかもしれません。

関連記事